1. HOME
  2. 診療内容
  3. 一般皮膚科

一般皮膚科

一般皮膚科でよくご相談いただく疾患と、赤池エンゼル皮ふ科で行っている検査方法、治療内容についてご案内いたします。

じんましん

皮膚の一部が突然に赤く盛り上がり、しばらくすると消えるのが特徴です。大抵はかゆみを伴います。
じんましんの原因のうち、7割以上が原因不明ですが、検査や問診で原因がわかることもあります。

治療内容

できるだけ原因・悪化因子を探し、それらを取り除く、または避けることが大切です。
治療には抗ヒスタミン薬を使用します。症状がなくなっても、しばらくお薬を飲み続けることが大切です。
なお、塗り薬はかゆみを多少和らげる程度で、あまり大きな効果は期待できません。

かぶれ(接触皮膚炎)

かぶれとは、刺激物質などが皮膚に接触することによって発症する湿疹をいいます。

検査方法

原因を調べるために最も重要な検査は「パッチテスト」です。
当院では日本人がかぶれやすい原因物質24種類を一度に検査することができる「パッチテストパネルS」を取り扱っておりますので、お気軽にご相談ください。

治療内容

原因となる接触刺激因子、アレルゲンを見つけ出して除去すること大切です。
かゆみや湿疹の炎症を抑えるためにステロイド外用薬を塗ることが必要です。
かゆみが強い場合は抗ヒスタミン薬を内服します。

アトピー性皮膚炎

皮膚のバリア機能が低下しているところに、さまざまな刺激やアレルギー反応が加わって起こるかゆみを伴う皮膚炎です。
多くはアレルギー疾患(気管支喘息、アレルギー性鼻炎など)の家族歴・既往歴があります。
長引くことが多いですが、治療を続けることによって保湿剤中心で症状をコントロールできるようになります。

治療内容 

基本原則は、①外用療法、②スキンケア、③悪化因子の検索と対策です。

外用療法

症状が強い場合は、ステロイド軟膏と保湿剤を使って、できるだけ早く皮膚炎を抑えます。
症状が良くなってきたら、ステロイド軟膏の回数を減らし、徐々にステロイド軟膏のランクを下げて、タクロリムス軟膏や保湿剤を中心とした維持療法を続けます。
かゆみが強い場合は抗ヒスタミン薬を内服することもあります。

スキンケア

皮膚のバリア機能が低下していますので、保湿剤を中心としたスキンケアが大切です。

悪化原因の検索と対策

アレルギー反応を起こす原因を調べ、できるだけ触れないようにすることが大切です。
また、汗は放置するとかゆみみを引き起こしますので、早めに洗い流すように心がけましょう。

ニキビ

皮脂の過剰な分泌と毛穴の先がつまることで、毛穴の中に皮脂がたまり、炎症を起こして生じます。
小学校の高学年から中学生にかけてでき始め、高校生の頃に最も悪化し、その後少しずつ軽快していきます。顔だけではなく、首や胸、背中にも広がることがあります。

治療内容

ニキビの症状にあわせて外用薬(アダパレン・過酸化ベンゾイルなどの毛穴のつまりに効果があり、ニキビをできにくくする外用薬や抗菌薬など)、内服薬(抗生物質、漢方薬、ビタミン剤など)、面皰圧出(毛穴にたまった膿を出す処置)などの治療法の中から選択し、組み合わせて治療します。

ケミカルピーリングは保険適応のない治療法ですが、治りにくいニキビに効果があり、日本皮膚科学会のガイドラインでも推奨されています。

ケミカルピーリングへ

多汗症

手のひら、顔、わきの下、足の裏などの限局した部位に多量の発汗がみられる皮膚の病気です。
多汗症は、さまざまな治療法があり、適切な治療を行うことによって症状の改善が期待されます。多汗症の治療の前後で不安症や対人恐怖症などが有意に改善した報告も数多くありますので、「体質であるから仕方ない」とあきらめるのではなく、お気軽にご相談ください。

治療内容

イオントフォレーシス(保険診療)

イオントフォレーシス(保険診療)

手のひら、足の裏には有効な治療法で、塩化アルミニウム外用療法と同じく第一選択の治療法です。

水を入れた専用の機器に弱い電流を流し、10分ほど手足を浸します。電流を流すことで汗孔(汗が排出される出口)が潰れ、汗の量が減っていくと考えられています。週1回の頻度で約5,6回目あたりから症状の改善がみられます。

多汗症の外用療法

塩化アルミニウム液の外用療法はイオントフォレーシスと同様、第一選択の治療法です。保険適用外のため、自費となります。

初診料 1,000円
再診料 1,000円
20%塩化アルミニウム液 100ml 600円
50%塩化アルミニウム液 100ml 600円
30%塩化アルミニウム軟膏 50g 1,000円

多汗症の内服療法

内服薬のみで局所多汗症をコントロールすることは難しいですが、併用することで症状を和らげます。
当院で処方するお薬(保険適用)は即効性が特長で、服用後1時間ほどで効果が現れ、約5時間効果が継続します。また、内服薬ですから全身に効果が出て、一度の服用で全身の汗を抑えることが可能です。
その他、副交感神経を遮断する作用のある内服薬や漢方薬など内服します。

ワキ汗のボトックス治療

重症な腋窩多汗症で、イオントフォレーシスや塩化アルミニウムなどの治療が無効な場合、医師の判断により保険が適用されます。1回の注射で効果は4~9ヶ月間持続します。

水虫・爪水虫

水虫は白癬菌(はくせんきん)という真菌(カビ)によって生じる感染症で、この白癬菌が足の裏や足の指の間などに感染して、ジュクジュクしたり、かゆみが出てきたりします。

水虫の症状は主に3パターンに分かれます。

  • 趾間型足白癬:足の指の皮がむけたり、指の間が赤くなったりする
  • 小水疱型足白癬:足の裏などに小さい水ぶくれができる
  • 角質増殖型足白癬:足の裏やかかとが硬くなるタイプ

このほかにも、爪に白癬菌が感染する爪白癬もあります。

治療内容

抗真菌作用のある塗り薬を1日1回外用します。皮がむけている部分だけではなく、すべての指の間と足の裏全体にしっかりと外用することが大切です。
水虫のタイプによっては抗真菌作用のある内服薬を選択することもあります。内服薬は肝機能障害を起こすことがありますので、定期的に血液検査をしながら治療を進めます。

タコ・ウオノメ

タコもウオノメも同じ部分に強い圧力かかってしまうことが原因です。合わない靴はもちろんですが、足の骨の形、歩き方などさまざまな要素が関係していると考えられています。

治療内容

器具によるタコ・ウオノメ削り

痛みがある部分を中心に削ります。ウオノメは角質の深いところまで食い込んでいますので、取り除く際は医療機関にご相談ください。

運動療法

足全体を使った歩き方に近づけるためには足の指やすねの筋力が必要です。日常生活の中で簡単にできる運動を続けてタコやウオノメの再発を防ぎましょう。
運動療法は外反母趾、開帳足のなど、骨の変形の進行を予防する効果もあります。
ご自宅で簡単にできる運動療法の指導もいたします。

靴の調整

足のある一点にかかる圧力を軽くすることが大切です。
靴、靴の中に敷くインソールを調整して再発を予防しましょう。
当院では靴の選び方やインソールの紹介もしております。

脂漏性皮膚炎

頭部、顔、脇の下など、皮脂の分泌が盛んな部位に細かい皮むけと湿疹ができます。長引くうえに、何度も再発してしまいます。「頭のフケが気になる」という主訴で受診される方が多くみられます。

治療内容

癜風菌(でんぷうきん)という真菌の増殖が悪化因子である場合が多く、抗真菌薬の外用、あるいは抗真菌薬を含んだシャンプーが効果的です。
炎症が強い場合はステロイド軟膏の外用を併用します。
かゆみが強い場合は抗ヒスタミン薬を内服します。
皮膚の代謝を整えるビタミンB2、B6の内服も有効です。

帯状疱疹

帯状疱疹は、子どもの頃にかかった水ぼうそうのウイルスが原因で、6、7人に1人はかかるといわれている頻度の高い皮膚病です。
痛みが数日続いた後に発疹が出るため、発病当初は皮膚病だと気付きにくい病気です。
体の左右どちらかの一部に帯状に小さな水ぶくれができるのが特徴です。
顔の帯状疱疹は特に痛みが強いことが多く、場所によっては目や耳にも影響を及ぼします。

治療内容

抗ウイルス薬をなるべく早く内服することが大切です。重症な場合は、入院して抗ウイルス薬の点滴治療が必要です。
皮膚症状に合わせて非ステロイド系、抗菌薬、潰瘍治療薬などの塗り薬を外用します。
神経痛の強さに応じてアセトアミノフェン、ビタミンB12、神経痛に有効なプレガバリンなどを組み合わせて内服します。

帯状疱疹は予防できます

帯状疱疹は80歳までに3人に1人が発症するといわれており、7割以上が50歳以上の方です。厚生労働省より、50歳以上の方に対する帯状疱疹の予防を目的としたワクチン接種が承認されました。

接種による効果として、以下が挙げられます。

  • 帯状疱疹の発症率が5割以下になる。
  • もし発症しても症状が軽く済む。
  • 帯状疱疹後の神経痛の発症率が4割以下となる。
  • 接種後、約5年間効果が持続する。

ご希望の方はお電話でご予約ください。

帯状疱疹予防ワクチン(50歳以上の方)  7,000円(税抜)

貨幣状湿疹

丸い形の湿疹がいくつも現れ、強いかゆみを伴います。
形がコイン(貨幣)に似ていることから貨幣状湿疹と呼ばれています。
特にすねの部位に現れやすく、次第に腕や背中などに広がっていきます。

原因

皮膚の乾燥が原因になることが多く、秋から冬にかけて悪化します。
虫刺され、接触性皮膚炎(かぶれ)、金属アレルギー、扁桃腺炎や虫歯などの細菌感染が原因になることもあります。

治療内容

入浴後に全身に保湿剤を塗り、病変にはステロイド外用薬を使用します。
かゆみに対しては、抗ヒスタミン薬を内服します。
治りにくい場合は、病巣感染(虫歯、扁桃腺炎、副鼻腔炎など)や金属アレルギーの関与も考慮し、それらの検査を行う場合もあります。

汗疱(かんぽう)

季節の変わり目に、手のひら・足の裏にかゆみを伴う小さな水ぶくれと皮むけが生じる皮膚の病気です。2~3週間で自然に治ることもありますが、良くなったり悪くなったりを繰り返し、慢性化することもあります。
特に湿疹病変を主体とする場合に異汗性(いかんせい)湿疹と呼びます。
多くは原因不明ですが、①金属アレルギー、②アトピー性皮膚炎、③多汗症、④ストレス、⑤薬剤などの関与も報告されています。

治療内容

保湿剤(ヘパリン類似物質や尿素軟膏)を手・足の裏全体に使用します。
湿疹があればステロイド外用薬を使用します。
かゆみが強い場合は、抗ヒスタミン薬を内服します。
金属アレルギーが関与している場合は、金属のパッチテストや歯科金属の除去などを検討することもあります。

虫刺され

蚊、ノミ、ブユ、ダニ、ハチ、ケムシ(ツバキやサザンカにつくチャドクガの幼虫)により、かゆみや発疹が出ます。
なかなかかゆみが引かない場合や、炎症の程度が強い場合はご相談ください。

治療内容

赤みやかゆみが強い場合はステロイド軟膏を外用します。かゆみが強い場合は抗ヒスタミン薬を内服薬します。

イボ(尋常性疣贅:じんじょうせいゆうぜい)

自覚症状はほとんどありません。潜伏期間は1~6ヶ月で、放置すると少しずつ大きくなったり、他の部位にうつったりすることがあります。

治療内容

クライオプロ

液体窒素による凍結療法を行います。1~2週間おきに治療し、治るまで3ヶ月以上かかります。
足の裏などの治りにくいイボに対しては、ヨクイニン(ハトムギ種子抽出物)内服、サリチル酸ワセリン外用、モノクロロ酢酸外用などを併用することがあります。
当院では痛みの少ないスプレー式の液体窒素治療器を使用しています。

アテローム(粉瘤)

皮膚の下に袋状のものができて、角質や皮脂がたまってできる良性の皮膚腫瘍です。
良性の腫瘍ですが、時に化膿して真っ赤に腫れあがったりすることがありますし、別の病気の可能性もあります。悪性でないことを確認するためにも、自己判断せずに当院をご受診ください。

治療内容

・軽い炎症を伴う場合:抗生剤の外用薬・内服薬を使用します。
・赤く腫れあがって膿がたまっている場合:皮膚の表面を少し切開して膿を出し、抗生剤の外用薬・内服薬を使用します。
・赤みや痛みを伴わない場合:経過観察します。
・大きくなったり、炎症を繰り返したりする場合:日帰り手術(皮膚外科)を検討します。

皮膚外科へ